ShareWithを導入して、コーポレートサイトと採用サイトの運営をほぼ100%内製化しました。今後は、Webサイトの戦略的活用をさらに強化します。

ShareWithでのサイト運営

ShareWith導入後、ほぼ100%内製化が可能となりました。特に採用サイトの更新に力を入れており、最近はクロストークなど身近な社員が登場するコンテンツを公開しています。

 

クロストークについては、社内でも話題になっています。社内で企画、取材、原稿作成、写真撮影まで全て自社で行っており、スマホ撮影の写真も高品質で活用しています。

ShareWithでサイトを運営してみて、これまでの運用との変化や新しい発見はありましたか?

ShareWithでは「テキスト」「画像」「リンクの編集」に限定されているため、最初戸惑った部分がありましたが、以前のWeb制作会社に依頼していた時に比べて、自社で更新を完結できるのでとてもスピーディになりました。


また、編集できる範囲に一定の制約があることによって、デザインに悩むことや、細かい調整に時間を割かなくなり、生産性が上がっています。
新規ページ追加時の自動リンク追加も非常に便利な機能です。サポートの迅速な対応も大変助かっています。

今後の展望や実現したいことはありますか?

リニューアルで会社のリブランディングの土台を作りました。今後はコーポレートサイトの情報発信量を増やし、コーポレートコミュニケーションの基盤を強化する予定です。運営体制としては、現在広告宣伝部が管理していますが、将来的には各部門に管理を移管し、より積極的なWebサイト活用を目指しています。

●中央自動車工業株式会社 コーポレートサイトhttps://www.central-auto.co.jp

●中央自動車工業株式会社 新卒採用サイト
https://www.central-auto.co.jp/recruit/

 

<お客様サイト運営体制>
コーポレートサイト:2名

<コーディング>
野村インベスター・リレーションズ