Webサイトの働き方改革
17時に帰ろう!


コーポレートサイトは、企業価値を発信するオウンドメディアとして近年さらに重要度を増し、発信すべき内容が増えています。
一方、運営体制は、採用・IR・製品など部門を横断して様々なメンバーが編集や公開に関係し、コンテンツ管理が複雑化しがち。
加えて、外部に更新依頼が必要なページがあれば、指示やチェックの手間、またそれらを待つ時間まで発生することになります。

 

このように、オウンドメディアとしての重要度が増していくにつれ、メンテナンスに係る時間が雪だるま式に増え、システムも複雑化してしまうコーポレートサイト運営。結果として、「Webサイト更新のために帰れない」ということが起きるのです。

 

「ShareWith」は、
コーポレートサイトの運営負担・コスト構造を根本的に見直し、自社の「持続的成長」や「価値創造プロセス」を伝える活動により多くの時間を使うために生まれた、クラウドCMSパッケージです。

 

部門ごとに異なる課題も、一気に解決!