変化する事業環境に対し、
Webサイトも変化が求められます。

事業環境に変化はつきもの。幅広いステークホルダーに対し、
自社の魅力をWebサイトで伝えるには、可変・拡張しやすいCMSが不可欠です。

多彩な表現を可能にする、
マルチテンプレート。

更新頻度が高いニュースページ、文字量の多い読み物ページ、ビジュアルを中心に見せるページ・・・など、コーポレートサイトでは様々な体裁が用いられます。ShareWithはこれに「マルチテンプレート」で対応。新たな体裁のページが増えても、テンプレートを追加で開発する必要がありません。

スマホ対応もしっかり。
「レスポンシブWebデザイン」を標準化。

「ShareWith」は、「レスポンシブWebデザイン」が美しく表示できるようシステム設計されています。

レスポンシブWebデザインとは?

PCやスマートフォンなど、アクセスしたユーザー端末によって異なる画面サイズに対し、1つのページデータで自動的に最適表示する技術のことです。1つのページデータでPC版とスマートフォン版に対応するため、情報の二重管理や改修・変更の際のスマートフォン版対応が不要になります。